ひっそりのんびり

不妊で不育症の2人目妊活話。

今までの妊活話1

二人目妊活中のじゃらみですが、今まで相当色々な事がありました。

ちょっとまとめてみようかなと思います。

 

はじめは、すぐできるだろうと高を括っていました。

まだ年齢も20代後半だったし、できないとしても産婦人科で見てもらえばすぐできるだろうと思っていたのです。

 

そして結婚して2年目に近くの産婦人科で見てもらいました。

この時は、微量の不正出血がずっと続いていたからです。

子宮頸がんの検査を受けたところ異常なしで、その他も異常なかったので、先生に、不妊治療をしたかったらきてねと言われたのですが、異常ないのならいいや、受付の人もおしゃべりばかりしているしやめておこうと思い、通うのをやめてしまいました。

今、思えばこの時こちらの病院に通っておけば良かったと思います。しかし、認識が甘くそのうちできるだろうと思っていました。

 

それでも、やはりできないので、約半年後に近くの別の産婦人科で見てもらうことにしました。この時見てもらったのが女医さんで、2年もできていないと不妊だ。治療が必要だと言われ、すごく傷つき、帰りの車で号泣した事を覚えています。

今考えればその通りだと思うし、なぜあんなに傷ついたのか分からないのですが、性格的にもきつい先生だったので、もうここに通うのは無理だと思い、辞めました。

 

 続きます

 

今の私の結論:子供が欲しいなら、早くから不妊治療専門病院に行き、しっかりと夫婦共に検査を受けることが望ましい。近くの産婦人科に行ってできる人もいるだろうが、うまくいかない場合、何ヶ月、何年も無駄にする。 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村