ひっそりのんびり

不妊で不育症の2人目妊活話。

確定申告と医療費控除

こんばんは、まだロタから完全には復活していないじゃらみです。今日も気持ち悪くて夜ごはんは食べられませんでした。

 

娘ももしかしたら完全には治っていないのかもしれませんね。今日もイヤイヤとお店の中で絶叫していましたが、今までならあんな事はなかったですし。

 

ちなみに今日の理由は「トイレに一緒に行きたくなかった」です。一人で待たせる訳にはいかないし、私もトイレに行きたかったし、イヤイヤされても我慢を根気強く教えていかないといけない、なんとも辛い時期ですね(涙)

 

そんな娘ですが、確定申告会場にはとっても良い子で行ってくれました。到着した時点で100人待ちでしたが、遠いところに車を止めていたので、帰りたくなくて、事前に用意していたおやつを食べたり、スマホのしまじろうを見せたりして待っていたのです。

 

それでも全然自分の番には程遠くて、どうしようかなと迷ったところ、「自分でパソコンを打てる人」が行ける場所に行くことにしました。そこなら、待たずに行けたのです。

 

しかし、イヤイヤと絶叫する娘がいつ豹変するか分からず、今回は会場のスタッフさんにやってもらえる所へ行こうと思っていたので、めちゃくちゃ焦りながらやりました。

 

しかも、どこに入力するかさっぱり分からないのに、スタッフさんはすぐに別の人のところへ行ってしまうし、娘にはスマホのしまじろうを引き続き見せていたのですが、「みれないよー」と度々スマホが見れなくなって私が対応しないといけないし、「この方法も長くは続かない!とにかく早く入力するのみ!」とかなり集中してやりました。

 

結果、なんとか娘がぐずる前にやり終えることができ、「確定申告と医療費控除を終わらさなければ」というプレッシャーから解き放たれ、達成感でいっぱいになりました。

 

これも、私が医療費と向き合いたく無くて逃げてしまった結果、申請に行くのが遅くなってしまったからなんですよね。もっと早く行っておけば、もう少し人は少なかっただろうから、娘を抱っこしながら、やってもらえたかもしれません。

 

何より、私が確定申告や医療費控除といった事に詳しくなろうという気が全く無くて、会場に行って聞きながらやろうとしか思えない怠惰な性格も原因があります。ネットで事前に申請書を作成すれば、後は提出すれば良いだけなんだそうですし。

 

来年からネット上でできるそうなので、頑張ってみようかな。もう、あの混雑の中、娘を連れて行くのは疲れるし。毎年のことなので、できるようになって仕舞えば簡単なことですよね。

 

それにしても、昨年の医療費は結構辛い額でした。3人合わせると80万ほどです。なんて金額でしょう。大学の授業料一年分はありますよね。辛いなあ。

 

計算した時はとても落ち込んでいました。もうこれ以上お金を使ってはいけないのではないかと思ったほど。しかも、一人目を不妊治療した頃から考えると、立派な車が2台ほど買えそうです。

 

助成金は使い果たしてしまいました。前々回から助成金なしです。助成金は6回までなんて、誰が決めたのでしょう。1人目も2人目も不妊体外受精をした上に、不育症の人のことなんて考えないのでしょうね。やっぱり、私はレアな症例なんでしょうね。

 

でも、恵まれている部分も多いのだから、文句を言ったらバチが当たりますね。もらえるものはもらってきたのですから。主人も「お金のことは気にしなくていいから」と優しく言ってくれますし。

 

一応、今回は還付金も戻ってきました。確定申告をした分のお金と関係して少なくはなっているのだろうと思いますが、私はマイナスだとばかり思っていたので、嬉しかったです。やっぱり、もう少し確定申告や医療費控除について勉強した方が良いのかも・・・。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村