ひっそりのんびり

不妊で不育症の2人目妊活話。

掻爬手術はしたくない

こんばんは。お久しぶりになってしまいました。じゃらみです。

 

色々とバタバタいていたらブログを書く事が出来ませんでした。

このブログは、妊活ブログと化してきたのですが、

とりあえず、このまま書きたいことを書くブログにする事にします。

本当は妊活に特化した方が良いのかもしれませんが・・・。

 

バタバタしていた間、病院は2回行ってきました。

 

1度目は内診とカウンセリング。

 

超音波をした所、まだ内膜が出きっていないので、様子を見ようという事になりました。

 

カウンセリングは、病院に付属しているサービスです。

流産後は無料で利用できるのが素晴らしい。話すだけでスッキリするので、このようなサービスがある所は是非利用してみて欲しいです。

 

わたしは、妊活の話を主人以外には誰にも話すことが出来ないのですが、ワンワン泣きながら話ができる貴重な場所です。ベテラン主婦の方なので、育児の相談にものってもらえるので、流産の件がなくても利用したいぐらい。

 

2回目は最近行ってきました。どうも、子宮の様子が思わしくないようで・・・。

 

妊娠した時の子宮内膜が出きっていないようです。超音波を見ると、血の塊がある

ようでした。確かに流産してからというもの(約1ヶ月)ずっと微量の出血が続いています。以前も出血が続いていた事があったので、あまり気にしていなかったのですが、まだ、軽い妊娠状態にあるようで、このままだと次の生理がこない可能性があるのだとか・・・。

 

その為、掻爬手術をしても良いかもしれません。と言われてしまったのですが、私は手術は出来ればしたくないのです。

 

1度、ポリープを除去する為に全身麻酔で掻爬手術をしましたが、終わった後が痛くてしんどかった記憶があります。お金もかかるだろうし、掻爬手術をするなら、娘と2人で行くのはしんどいので、夫にも来てもらいたいし・・・。出来れば、自然に排出されるのを待ちたい。

 

とりあえず、もう一週間待つ事にしました。

 

結局、待ち望んでいる新しい検査はまだ出来ていません。

新しくスタートラインにも立てず、モヤモヤ期間が続いています。

 

最近は、義理の弟や従兄弟に2人ができたり、ママ知り合いさんに次々と2人目ができたり、本当に羨ましいです。実家に帰ると、「もう1人なの?」なんて聞かれたり、「1人しかできなくて残念だね」というニュアンスの話をコソコソしているのが聞こえてきたり。

 

なんで、私はいつもこんなに苦労しなくていけないのだろうと暗くなることもあります。

 

しかし、もうゆっくりやります。淡々とできる事をするのみ。

後2つ残っている卵を移植したら、終わりにします。

 

その間に、また出会いがあれば良いな。

なくてもきっと3人で楽しくやれると思う。

 

淡々と、頑張ります。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 二人目不妊へ
にほんブログ村